カテゴリ:我思う。な話( 6 )

ざわっ・・・

いつの間にやら3月です。またまた放置気味でした・・・。前回の記事から今日までけっこう色んなことがあったんですが、書くのが面倒・・・まぁそれなりに時間がなかったもので(笑)。

「ダイエットは明日から」という有名な言葉がありますが、「明日から」ってことは「明日」になると「今日」になってしまうので永久に「明日から」なんですよね。「明日から」じゃなくて「今日だけ」って思わないとダイエットも練習もずっとしないまんま。「今日だけ頑張った人間に未来がある」って確か【カイジ】(←マンガね)の班長が言うてたなぁ・・・。

そう思って最近は「今日」やるようにしています。Blogをサボってた僕が言っても説得力ないですか(笑)?Blogはほら、あれですよ、書くのが面倒、いやほんと余裕がなかったんで(笑)。

で、久々の更新ってことは告知もあります(笑)。

【KEYIZM】

03月16日(日)@ 長堀橋Peace Bar
Bass : 泉 尚也/Drums : 岡本建太郎/Guitar : 僕

たぶん20:00~でたぶん¥2000(笑)

Drums、岡本建太郎氏の評価がうなぎのぼり気味なので、僕も負けじと頑張っちゃいます!みなさんよろしくです!!
[PR]
by keita8286 | 2008-03-06 21:35 | 我思う。な話

締。

今年もいよいよ終わり。激動・・・といかないまでも色々あった一年でした。

まずは何といっても【KEYIZM】。【泉 尚也】さんという大先輩ベーシストと一緒にバンドができるという、この上ない機会に恵まれました。よくよく考えれば専門学生だった時は『先生』だったわけでそんな人と演ってるのはなかなかすごいことなんじゃないかと(笑)。まぁ『バンド』なので普段はあんまり意識しないように(もちろん良い意味で)してますけどね。来年もゴリゴリ弾き倒すんじゃないかと思われます(笑)。

そして、出会いも今年は多かった。特に自分の意識を変えてくれる(元々、流されやすいタイプですが・・・)ぐらいの人たちに会えたのはこれまた恵まれてたなぁと。凹むことも多かった(ような気がする)一年でしたが、そういう人たちのおかげで立ち直れたり、もっと頑張ろうと思えたり。色んな人たちに助けてもらって何とか一年を乗り切ることが出来ました。つくづく人との出会いが大切と思えましたね。

来年は、今年出会ってパワーをもらった人たちに(変な言い方かも知れませんが)恩返しというか、もらった分以上にパワーを吐き出していこうかと。

というわけで、今年一年ありがとうございました!!来年もよろしくお願いします!!
[PR]
by keita8286 | 2007-12-31 00:52 | 我思う。な話

もつ鍋おいしかったです&告知。

当たり前のことを忘れてしまうのが人間。息をしてることを意識すると途端に息苦しくなるというのはよく聞く話(?)である。やはり僕も忘れてしまう時がある(息苦しくなったことはないが)。

日曜日、レッスン後に先週と同じ仕事のリハーサル。そしてメンバーさん達と軽く飲みに。そこで(僕が一方的に)もらったエネルギー。忘れていた当たり前のことを思い出しました。思い出してみると「何で忘れてたんやろう・・・」とここ数日悩んでいるのが馬鹿らしいほど。

実は同じようなことが過去に何度もあって、その度に色々な人様から勝手にエネルギーをもらい、思い出してはまた忘れる(笑)というのを繰り返しております。人間、一人で死んでいくけど、一人では生きていけないなと思い、様々な人や事象に感謝する瞬間。同時に、自分も人に(自然と)エネルギーを与えられるような人間に成長できれば良いなと思います。

そしてもらったそのエネルギーをぶちまけるのがLIVE!!

7月19日(木)  【KEYIZM】
         Bass 泉 尚也
         Drums 岡本 建太郎
         Guitar 僕。
【長堀橋 Peace Bar】
          START 20:00
          チャージ1500円(要1ドリンクオーダー)

となっております!!皆さんぜひどうぞ!!精一杯、Guitar を弾かさしていただきます!!
[PR]
by keita8286 | 2007-07-11 00:31 | 我思う。な話

No Reason

前回の記事から今日まで幾度となくモニターを前にしてきたが、どうにも書くことができなかった。どうも、「書かないといけない」という脅迫観念がキーボートを叩く指を重くしていたらしい。別に仕事というわけでもなく、「Blogを楽しみにしてます!」という酔狂な人がいるわけでもないのにいつからそんな風に感じていたのか。今は、ただ何となく「書こうかな・・・」という気持ちが湧き上がり、こうして書いているわけだ。関係ないが、僕は昔からキーボードを叩く音が好きである。

考えすぎるのが僕の癖であるわけだが、それは場合によって良い風にも悪い風にも作用する。「Blogを書く意味はあるんだろうか」、「こんな練習して役に立つ時があるのかな」、「なぜ生きているんだろう」・・・考えすぎるというのはそれだけ多くの疑問を抱えることになる。答えが存在する疑問ならばいくら抱えたって高が知れている。しかし答えがない、あるいは一つではない、流動的で時々に違う。そんな疑問を持ってしまうとなかなか大変である。それを「まぁ、どうでもいいか」と簡単に放り投げることが出来ればこんな苦労はしなくて済むのだが、生憎と僕はそれらが足枷となってしまうことが多い。Blogの更新が滞ったのが良い例だ。

だが先日、僕にとっては一番の関わりのある音楽について非常に良い考え方(という言い方はあまり正しくないような気がするが)をある人に教わった。曰く「バカになれ」。関西風に言うと「アホになれ」といったところか。「この曲コピーした方がいいかなぁ」、「JAZZを練習したって弾く機会ないし」・・・意味があるかどうかなんて考えること自体が意味のないこと。ただ弾きたいから、僕にはこれしかないから、ギターを弾く。そうか。それでよかったのか。これこそあるはずがないと思っていた答えだろう。

今日もただ何となく書いているだけである。この「何となく」という響きが今は心地よい。
[PR]
by keita8286 | 2006-12-13 00:27 | 我思う。な話

ん~どぉでしょぉ?

阪神タイガースがここにきて怒涛の8連勝。『もしかしたらもしかするかも・・・』と、今日からの直接対決をTVの前で観戦といきたいところだがあいにく今日、明日とレッスン。仮に3連勝ともなればメイクミラクルが現実味を帯びはじめるが、中日もおいそれと勝たしてくれる相手でもない。甲子園でのゲームというのが希望を持てる要素ではあるが・・・。

専門的な解説は福本さんにでも任せるとして、個人的に阪神が優勝できる可能性を少し考えてみよう。まず直接対決に3連勝したと仮定すると(じゃないと話にならないだろう)中日は残り11試合で9勝しなければならなくなるが、これは阪神が残り全ての試合に勝利した場合なので、現実的な数字とはあまり言えない。阪神の残り試合はヤクルトが3戦、巨人が2戦、広島が1戦。今年の数字を見る限りヤクルト、巨人とはほぼ五分。ここを4勝2敗だとすると、中日は11試合で7勝しないとダメなわけだ。

阪神の直接対決以降の4勝2敗というのはまずまず現実的な数字じゃないだろうか。優勝するためにはこの成績で尚且つ、中日が6勝5敗以下である必要があるわけだが・・・。中日にとって相性のよくない(といっても五分だが)ヤクルト、広島戦が多く残っているとはいえこれはけっこう厳しくないか?最後の最後となれば中日の選手も優勝目前となって勢いを増してくるだろうし、連敗することも考えにくい。そりゃ、プロ同士の戦いなのだからどのチームが相手でも勝つのは簡単じゃないだろうが。

やはり最低でも阪神は5勝1敗もしくは全勝で切り抜けなければメイクミラクルは現実に成り難い。全勝すると中日が8勝3敗でも阪神の優勝となる。しかし全勝ということは阪神は17連勝ということに・・・個人的には信じたいがこれはどうだろう?マンガじゃあるまいし・・・。まぁ、マンガみたいなことだからミラクルなのだが。

何にせよ、今日からの直接対決に3連勝しないと取らぬタヌキの何とやらだが、是非ともそのマンガみたいなミラクルをこの目で見たいものだ。いくら現実的でなくとも、12時間後ぐらいには打ち砕かれるかもしれないことだとしても、逆転優勝を思い描いてしまうのである。
[PR]
by keita8286 | 2006-09-29 08:12 | 我思う。な話

The Chicken

僕は臆病である。自分が傷つくのも人を傷つけるのも恐れ、いかなる時でも逃げ道を確保しながら行動し、面倒事は可能な限り回避コースを選択する。一人で居ることが嫌いなくせに誰かに甘えることも出来ず、『ここに居る』と叫ぶことも出来ず。全ての事柄に関して恐怖がつきまとう。拒絶されたらどうしよう、嫌われたらどうしよう、誤解されたらどうしよう、気を使わせてしまったら、傷つけてしまったら・・・僕は臆病者である。

しかし最近気付いたことがある。僕は確かに臆病者だが、誰かのためにならほんの少し(それはスズメの涙ほどかもしれないが)勇気を振り絞れるということだ。自己犠牲なんて偉そうなことを言うつもりはない。自分の出来ることで誰かの役に立てるなら、『はい!喜んで~』ということだ。出来る範囲が広がるとも言えるかもしれない。もちろん○○を殺ってくれとか、身も知らぬ人に金をくれと言われてもやるわけはないが。というよりそれは犯罪である。前科持ちになるのは御免被りたい。

僕は昔からあまり人に頼られたりすることが少ない方だったからか、つい最近までそのことに気付かなかった。例え、他に誰も都合がつかなくてアイツでもいいか。というような状況で僕を頼ってきたのだとしても、どうゆう理由であれ自分を頼ってきてくれたことに対して最大限の力で応える。もちろん必要なら努力もするだろう。自発的にそれだけのエネルギーを出せないのは問題かもしれないがともかく自分のためよりも人のため。と思う方が出来ることが多いような気がする。そして、人のためというのはひいては自分のために繋がることだとも思う。

ところが自分の臆病な部分が無くなれば無くなるほど人のために出来る事も多くなるだろうから、人のため。というのが臆病であっていい理由にはならないんだなぁ・・・。残念ながら。

そうそう、前にも書いたが今月の24日でこのBlogも1周年だそうで。いやぁ、めでたい。
[PR]
by keita8286 | 2006-09-27 03:10 | 我思う。な話