<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

How do you like wednesday?

e0077515_21313046.jpgちょっと重い(?)話が多いのでここらでひとつ僕の大好きなTV番組を。
【水曜どうでしょう】・・・1996年に北海道テレビ(HTB)で始まった深夜番組。地元のタレント2人、ディレクター2人。カメラマンもなし。家庭用のデジタルビデオ(!)で撮影されたこの番組はいつしか口コミで広がり、各地で放送されるまでになった。
僕がこの番組をはじめて見たのはいつやったか・・・確か今から2年か3年前やったと思うんですが、たまたまTVをつけたら見たこともないタレントが2人。はじめは『なんやこの痛い番組は・・・』と思ってました(笑)。そしてその「たまたまTVをつけたら・・・」が何回か続き、気がつくと・・・見事にハマっておりました(笑)。幅広いボキャブラリーと抜群のトーク力を持つ【大泉 洋】。番組開始当時、4人の中で唯一TVというものを知っていた【ミスター】こと【鈴井 貴之】。ディレクターのくせに誰よりも大きなリアクションを取る【藤村 忠寿】。デジカメ片手に出演者じゃなく自分の興味のあるものしか映さない【嬉野 雅道】。この4人が日本各地、世界各国を飛び回り、ツライ目に会い、罵り合い、恨み言を言い合う。そんな(はっきり言って)バカげた番組です(笑)。しかし、普段TVなどでは笑わないこの僕が腹を抱えて大爆笑!する唯一の番組です。みなさんも機会があればぜひ!ちなみに発音はもちろん【金曜ロードショー】と同じです(笑)。
[PR]
by keita8286 | 2005-11-25 22:05

ちょっと長い。

自慢じゃないですが(というより自慢にならんが)僕は高校生の頃まで頭が良かった。中学時代なんかは成績は三年間トップクラス。クラブ(ちなみにバレーボール部)ではエース。努力らしい努力もせず、そんな位置にいたわけやから10代の僕はもちろん天狗(笑)。高校受験の模試ではその高校を志望する中でこれまた近畿で(確か)総合3位。もう僕の鼻はピノキオ並に伸びてたわけですわ。
『自分は何でも出来る』・・・周りの人間を見下し、自分が一番偉いと思っていました。しかし、高校に入ると勉強も難しくなり、多少の努力をしないと良い成績なんて取れなくなってきます。その頃の僕は『俺は周りから出来る人間やと思われてる』と思いこみ、自分で自分にレッテルを貼って生きていました。出来ないことを出来ないと言えず、知らないことを知らないと言えない。だって『俺は何でも出来るんやから』・・・必死でした。
いつしか『俺は何でも出来なあかん』と、プレッシャーを一人で勝手に感じ、一人で勝手にしんどい思いをしていました。そんな環境に耐えられなくなり、僕は20の頃に家を飛び出して、当時つきあいはじめたばかりの彼女の家に転がり込んだのです。そこで僕は思い知りました。とうに気付いてたのに、ずっと気付かぬふりをしていたこと。
『俺って一人じゃ何にもできひんやん・・・』
今まで一人で生きてると思えたのは家族を含め、周りの人達のおかげ。自分の小ささを知り、同時に人に頼る(何でもかんでもってことじゃないよ)ということを学びました。自分でやれば出来ることはやればいいし、自分で考えたり調べたりしてわかることはそれでいい。でも、自分じゃ出来ないことは出来る人に頼り、知らないことは知ってる人に聞いて学ぶ。そして、いつか自分が頼られた時に自信を持って応えられるように、真に『何でも出来る人』に近づいていけばいい。
人間、一人で死んでいくんやろうけど一人で生きてるんじゃないと気付けたおかげで今は昔と比べてずいぶん、肩の力も抜けて(もちろんしんどいことは山ほどあるけど)丸くなりました。・・・見た目もちょっと丸くなっちゃいましたが(涙)。
[PR]
by keita8286 | 2005-11-25 01:51

コーヒーというよりカフェオレ

e0077515_14301482.jpgコーヒーメーカー。寒いこの季節になると活躍しだす僕の必需品。正直、あんまりおいしいとは言えないが(笑)自分の部屋でコポコポとコーヒーを作れるのがちょっと嬉しいのであります。ちなみに・・・ブラックは飲めましぇん(笑)。
[PR]
by keita8286 | 2005-11-23 14:43

経験値が足りません。

スランプ!もっと上手くなりたひ・・・。
以上、心の叫びでした。
へこたれてる暇はございません。精進あるのみ。
[PR]
by keita8286 | 2005-11-21 17:18

☆告知☆

e0077515_2251739.jpg12/8(木)に【西九条BRAND NEW】でLIVEです!ブッキングマネージャーとちょっとした知り合いでして、滋賀でのワンマンのプロモーションを兼ねて出演させてもらうことになりました。その際、『出番何番目がいい?』と聞かれ、『いや、もう何番でも!』と返したところ・・・『じゃあ、トリ(最後)にするからがんばって』と笑顔でプレッシャーをかけられました(笑)。ともかくLIVEです!

New Phase
12/8(木)  【西九条 BRAND・NEW】
OPEN 18:00/START 18:30
前売り¥1700/当日¥2000(共にDrink代別途¥500)
出番・21:00前後?←まだわかんないです・・・
[PR]
by keita8286 | 2005-11-18 03:13

ちょっとだけPositive

時に、『自分は無力だ』と思う事があります。人間、自分に出来ることしか出来ないので(それをしてない人はいっぱいいますけど)、無力と思うこと事体が思い上がった考えなんですが。それでもやっぱり、どうにかしたい!と思うことは山積みなわけで・・・。
そんな時に『もっと、時間があればなあ・・・』とか『こんなことができたらいいのに・・・』と、いわゆる『たられば』を口に出してしまいます。でも、『たられば』って言い訳に聞こえるし、それを逃げる理由にしたくないので『たられば』と思う前に努力しようと心がけてるつもりです。
努力してもダメな時、冒頭の『自分は無力だ』と思ってしまうんですが、次の瞬間には『ほんまに無力だ。と思うほど自分はがんばったか?』と自分に問いかけ、『いや、まだまだ自分はこんなもんじゃない!』と無理やりにでも次の努力への活力にしようとします。
結局、『自分は無力』も言い訳なんかな?と思ったりもした火曜日の午後。
[PR]
by keita8286 | 2005-11-15 13:14

鍵盤ist・・・けんばニスト

昨晩、また採譜をしてました。曲数が多いのでとりあえず最低限のコードとフレーズを採り、譜面を作成したんですが・・・。
僕は音符をスラスラっとは読めないんですね(涙)。コードは大丈夫ですが【おたまじゃくし】になると(もちろん内容によりますが)初見はけっこう厳しかったりします。友達の鍵盤istはズラズラ~っと並べられた音符をスイスイ弾けちゃうんですが、それが羨ましく(というより初見のレベルは高いほうがいいし)僕もピアノなどの楽譜を開き、練習したりします。が!いつも思うのは『ピアノやっときゃ良かった・・・』。
中村家にはピアノがあり、しかも母が音大出でピアノの先生もやっていたのでピアノをやってない方がおかしい環境やったのに・・・。
今、ピアノが弾けてたなら読譜力は言うに及ばず、耳も今より多少は良かったやろうし、音楽をやる上での大きなメリットになってたはず。でも同時に、幼い頃に楽器をたしなんでたら、ギターをやってなかったもしれない。そう考えるとこれはこれで良かったかな。とも思うわけです。
[PR]
by keita8286 | 2005-11-12 06:06

俺はあんな奴に似てなんかいない!by 山岡士郎

4日程、更新をサボっておりました・・・申し訳ございません。実際のところ、日々あったことを書こうと思ってるので何も無い日は書きようがないんですわ。ともかく、ここ4日ほどはたいした出来事もなくギター弾いて、レッスンして、ゲームして・・・ってな日々でしたっ!で終わると怒られそうなので(笑)最近買ったあるCDについて・・・。
【坂本真綾】という、女性Singer(正確にはちょっと違いますが)のCDを割とよく聴きます。好きな理由の一つとして作・編曲をすべて、【菅野よう子】が手がけている、というのがあります。
【菅野よう子】・・・この人の書く曲は非常に綺麗で、ジャンルも幅広く、それでいてどの曲も【菅野よう子】の色が出てる。とまぁ、僕の好きなArtistの内の一人でございます。
でその、【菅野よう子】が手がける【坂本真綾】の新しいCDが出たので買ってみてたんですが・・・【菅野よう子】の名前が見当たらない!どうやら今回は一切関わってないようで作曲や編曲もバラバラ・・・(バンドものでもない限り、そういうことが多いですが)。【菅野よう子】だけが好きな理由ではないので『まぁ、いいか』と思い聴いてみると、やはり何かが違う・・・。
1曲、1曲は良いんですが、アルバム単位だとどうもまとまりが無い感じが拭えません。例えるなら『おかずの一つ、一つはおいしいが食い合わせの悪い幕の内弁当』といったところか。いままでの【菅野よう子】アルバムは『パッと見、ごちゃごちゃに見えるが食べてみると納得、幕の内弁当』な感じ。幕の内はシャケ弁などとは違ってすべてのおかずの質、バランスが大事です。個性を主張しつつも他のおかずの味を殺さず、逆に引き立てる・・・(なんか美味し○ぼみたいになってきた・・・音楽はよく料理に例えられることが多いのです・・・)。
要は、アルバムも幕の内も全体のバランスが大事って事です。もちろん、『この曲いいなあ・・・』と思うものもあるわけで、別にハズレ。というわけじゃないですけどね。
[PR]
by keita8286 | 2005-11-08 09:45

FUJIYAMA LAND

e0077515_201933.jpg全身筋肉痛で何をするにも悲鳴をあげてる中村 圭でございます。昨日、たまたまオフが重なったため(僕らの仕事は祝日も関係ないのでたまたまなわけです)石田くん、杉山くん(写真は二人が競馬ゲームをしてるとこ)、田中千夏と僕の四人でアミューズメントパークに遊びに行きました!実はこうして音楽の友達とプライベート(?)で遊ぶのは初めてでして、久しぶりに休日らしい休日を過ごせました。そこには、バッティングセンターやバスケコート、釣堀やビリヤードなどがありまして(ちなみにヒロシがCMしてるラウ○ド1じゃございません)日頃、運動不足がちなミュージシャンがそんなとこで遊んだ日にゃ・・・冒頭にも書いたとおり、筋肉痛でのた打ち回るハメになるわけですな(笑)。こうやってどこかに遊びに行くという友達が少ない僕にとって(涙)昨日はすごく嬉しい一日になりました。しかし、これほどまでの筋肉痛になるとは・・・(笑)。
[PR]
by keita8286 | 2005-11-04 20:36

Big Mouth

気がつけばもう11月。最近、めっきり寒くなってギター弾きには辛い季節になってきました。僕はこの、ピンっと張った空気が割と好きだったりします。しかし今ごろの季節の夜というのは何かこう・・・他の季節より淋しい感じがしますな。コードに例えると間違い無くメジャーじゃなくマイナー。しかもC#madd9って感じやね(音楽やってない人には何のこっちゃ?な話ですが)。
ところで、音楽というのはいわゆる、『芸術』でございます。『芸術』には感性というものがとても大事で、みなさんそれを磨くのに必死(そうじゃない人もいますが)なわけです。しかし、感性だけでは『芸術』はできないと思うわけで。
例えば、感性豊かな人がすごく斬新で、今までにないような曲が頭に浮かびます。それをどのようにして人に伝えましょうか。頭の中を覗くわけにもいきません(仮に覗いてもそこには脳みそがあるだけでございます)。その曲を出来るだけ的確に表現する技術、つまりテクニックがないと頭の中から外に出せません。
『芸術』ってのは感性と技術、その両方があってはじめて成り立つんじゃないかと思うんですが・・・どうも最近、その技術の部分をないがしろにする人がたくさん居るような気がするなぁ・・・。ちなみに偉そうなことを言えるほど僕に技術があるわけじゃないですけどね(もちろん努力はしてますが)。
[PR]
by keita8286 | 2005-11-02 05:44